【ジョブ・アビリティ】スキルのスタミナ消費を減らす!part1「迫技」検証

EM2と3は慣れてきた現在は落着きましたが、ガラ不足に悩まされましたハンターのもやしです。

そんな時に目についたのが2つのアルケミストアビリティ「迫技」「快動」です

moyashi507

普段の狩りではガラがぶ飲みの豪遊状態なのですが、EMではそういうわけにもいきません。
そんな時に輝く!?カスタムスキル使用時のスタミナ消費軽減という魅力的なアビリティを検証していきましょう。

今回はメイン職であるハンターのスキルで見ていきます、Part2では他職のメインスキルもまとめるかな?

正直検証した本人しかわかりにくい検証なので結果だけで満足した方がいいかもしれません!




まずメインスキルとして使用する扇射ちと剛力射ちの使用スタミナの簡単な説明から。

DDONには装備の重量システムが存在します。
これはスタミナの回復速度・カスタムスキル使用時のスタミナ消費量に影響するステータスです。

Mediumを標準値として(手計算ですがほぼあってるはず、剛力は難しい・・・。)
扇射ちは100・剛力射ちは約330のスタミナ消費でスキルを撃つことができます

これをlightVerylightに下げていくことによって10%ずつスタミナ消費を軽減できます。

つまり扇射ちは100⇒90⇒80・剛力射ちは330⇒297⇒267まで装備の重量のみで軽減することができます。

今回は装備をVerylightにして消費を扇80・剛力265として計算しました。

moyashi508

装備時ST2136・スタミナ関連の服を脱いでST1100でスキルを撃ち切り発射回数で割り算します・・・

ST1100の素の状態では
扇が14発 -α・剛力が4発+αになります(消費80・265の根拠です)

これにLv.4迫技を着用すると
扇が16発・剛力が4発+(扇2発+α)撃てるようになります。

ST2136では
扇が27発-α・剛力が8発+αになります(上と同じく消費80・265の)

これにLv.4迫技を着用すると
扇が31発+α・剛力が9発+(扇1発+α)撃てるようになります。

書いておいて自分でもわかりにくい!!でも表現の仕方がわからなーい!

なので簡単に結論を言えば、Lv.4迫技瀕死中のスタミナ消費は14%減少します!

1レベル毎に減少率が3%上昇していくのでLv6瀕死時は20%減少します!

瀕死という条件がある割には少ししょぼいかな?という結果になりました。
火事場で頑張っている人たちは一定量いるはずなのでその人たちのガラ節約には少し貢献するかもしれませんね!

次回part2は無条件で発動するスタミナ軽減「快動」の軽減率をお届けいたします。
そしてこのアビリティと重複するのか・・・?乞うご期待!

ついでに暇だったらファイター等他職のスタミナ消費量リストも・・・?
できなかった(やるのが面倒になった)場合はこの一文は削除されます。ふふふ。

  にほんブログ村 ゲームブログへ

2 件のコメントがあります

  1. 検証お疲れ様です
    キャプチャーしたものをペイントソフトで展開し、
    消費ゲージの長さを測った方が分かりやすいと思います
    カスタムスキルはスキルを解除しなければ、スタミナ回復しませんし。

    • そうですねー、扇10発撃ったゲージの長さというのも考えたのですが単発当たりの消費量がわかったほうがそれぞれの覚者のスタミナでわかりやすいかなと深く考えすぎでした。
      次回はちょっと視覚化しやすい方法で見てみようかなと思います

1 Trackbacks & Pingbacks

  1. 【ジョブ・アビリティ】スキルのスタミナ消費を減らす!part2「快動」検証 | DDON-ROOKIES【ドラゴンズドグマオンライン】

コメント

匿名可