【ウォーミッション】蘇りし絶望の炎 通常戦況:「悪しき竜再誕」

moyashi1835

WM「蘇りし絶望の炎」 がついに実装されました!
前回と同じく、通常戦況と特殊戦況に分かれています。

特殊戦況が出るまでは通常戦況で悪しき竜を倒しましょう!
今回は何故か23時~特殊戦況タイムに改悪されたので社会人には辛い・・・?

とにかく何回か行って慣れることが大事です、特にアスレチック!
まだ初日やった時点での情報なのでどんどん追記していくと思います、色んな情報提供もお待ちしております~。

 

装備

入場するためには平均アイテムランク(IR)を116以上にする必要があります。
エピタフロードで、武器やウェア・マントを入手して条件を満たしましょう!

今回は防具から入手できることもあり、数回クリアすればどの職でも入場可能になります。
ですが弱武器だと火力がきついので、可能な限りエピタフ武器を強化して持っていきましょう。

ダメージキャップ到達攻撃力はファイで3581?
竜特攻をもりもり盛っていきましょうね!

 

おすすめアビリティ

勿論、竜との決戦なので「竜狙」。竜の出す竜晶が「造狙」になっています。
それぞれ竜が聖弱点なので「攻聖」、竜晶は氷弱点なので「攻氷」ですね。
結晶にどこまでアビリティ枠を使うか難しい所、攻氷まではいらないかな・・・?

そして悪しき竜の最後の爆発を防ぐためのチャンス効力
背中のコアを削りきるためにも必須になっていくかなと思います。
今は攻撃力のキャップに達していない人もいると思うので、PT募集内容次第で考えていきましょう。

残りはエンチャ時の火力上昇「強附」や筋力・魔力上昇系を入れていきましょう。

 

蘇りし絶望の炎攻略

要注意攻撃

ジャンプブレス(赤マーク)

moyashi1845

悪しき竜を中心に円形に広がるブレスを吐く。当たると大ダメージ&大きく吹き飛ばされます。
ジャンプ・もしくは各種回避行動をすれば当たりません、タイミングに慣れていきましょう
ハイセプターも詠唱中でも欲張らずミラージュシフトなどで避ける準備を忘れずにー。

前動作は赤マークを出しつつ前足を大きく上げてからジャンプブレスを吐く。

ダメージ床(赤マーク)

moyashi1841

赤マーク後、竜の上部にサテライト的な何かが出現しビームを照射すると一定範囲がダメージ床に変更される。
その場に止まるとダメージを受け続けるため即座に移動しましょう。

竜が上にいると攻撃しづらいという点もあるので誘導する青職は注意が必要かな?

降り注ぐ炎(ラーメン)
なんちゃらレイって感じの名称だとカッコいいと思います。

moyashi1836

対象2人をターゲットし、一定時間追いかけてくる。
ターゲット地点から円が始まるので狙われたと思ったらメンバーから離れるように移動しましょう
もしセージがPTにいるならハンズでもOK。
前動作は口で詠唱後大きく空に飛びあがります。

炎の爆弾(肉団子)

moyashi1837

ターゲットされた3名に一定時間後に爆発する爆弾が投下される。
緑職のヒールによって爆発を止めることが出来るので積極的にコア出しを狙おう。
さらに凍結状態にすることでダメージがかなり増加&破壊することで一定範囲に氷の爆発が発生、竜に当てることで9999ダメージを与えることが出来る

前動作は大きく羽ばたき竜の上に大きな魔法陣を展開する、時間の猶予はかなりあるので焦らずに。

ターゲットされた3名が近くにいれば同じ場所に爆弾を固めることで出来るため、コア出し・凍結も狙いやすくなる。
焦らず固めた方が対処はしやすいと思います。

 

第1フェーズ

メインクエストと同様の悪しき竜との最初の戦い。

このフェーズに限らず、頭・翼・胴体・尻尾・4本の脚全ての部位の体力を削りきるとダウンさせることが出来る
明るく光ってる部位をしっかり狙っていきましょう。
部位が多いうちはハイセプのスライスなんかでも結構ダメージが出て楽しそうですね。

以前のインタビューから話していたカウンター要素として、
例えば前脚踏みつけ攻撃中はその脚へのダメージが増加・赤マークの円形ブレス時は体全体へのダメージが増加しています
そんな感じで相手の攻撃にあった部位にダメージを与えると効率よく体力を削ることが出来ますね!

 

注意する行動は赤マークの2つでしょうか。
先述の地面をダメージ床にする赤マークと、ジャンプブレスを使用します

この後も使用し続けるこの2つですが床にはとどまらない事、ジャンプブレスの前動作はしっかり確認する事。
それ以外は強い攻撃もないため簡単に突破できると思います。

体力を削りきりミッション達成の音が鳴ったら悪しき竜にしがみつきましょう。
次のステージへ、タクシーでレッツラゴーです。

 

 

第2フェーズ

火山内部、周りがマグマに囲まれた中での戦闘です。

割と狭い戦場の中で範囲攻撃が降り注ぎます。
上から降り注ぐビームに狙われた人は素直に集団から離れるように逃げましょう。
二階へ上る坂道の洞窟なんかはわかりやすく離れられますね!

竜のHPが残り7割・4割程度で火焔の竜晶を召喚
風が吹き出るギミック(噴気孔?)を利用して素早く移動して壊しましょう。

コアを出すとダメージが上がる事・竜とは違って氷弱点なことに注意しましょう
青以外の全員で破壊して再度竜との戦いへ!

※10/13追記、2ステージの竜晶は放置すると徐々にマグマがせり上がってきて戦える場所が狭くなっていくというギミックです。
もし火力に余裕がある場合完全にスルーして竜の体力を削ることも出来るので、メンバーと相談していきましょう。

moyashi1842

体力を削りきりミッション達成の音が鳴ったら2回目の竜晶があったほうへ移動。
出口が解放されるので次のステージへ。

 

第3フェーズ

恐らく初見の人々の復活力を奪っていく恐怖のアスレチック
噴気孔を上手く使って上へ上へ登っていきましょう。
登る段差が後ろにもあったりするので覚えるしかないというか・・・

細い一本道など、快走があると逆に危ないような場所もあるのでとりあえず落ちないことを意識して進んでいけば間に合うはずです。

時間経過でマグマがせり上がってくるので時間との勝負ですがブレイズ系の小型やキメラ等を討伐するとDPを獲得できるため可能な限り倒していきたいですね。

道中に竜晶が2つ配置されています、破壊する毎に最終ステージの戦闘エリアのマグマが消えるという効果があります
ただしDPが増える特典は無いので、火力が足りていないorもたついて全員の到着が遅れた気配を感じたらスルーして先に進むという選択肢を取りましょう。

マップが作れればいいんですが・・・、ソロでここまで来れないというのが難しいですね。

山頂までたどり着けばいよいよ最終決戦です!

 

第4フェーズ

竜が全力で襲い掛かってきます。
要注意攻撃も全て使用するのでモーションをよく見て避ける・誘導するなどの対策を行っていきましょう。

竜のHPが残り6割・4割・2割5分程度で火焔の竜晶を召喚。
竜晶を破壊しない限りフィールドに永続の効果が発動し、

1つ目の竜晶は噴出孔から熱を噴出し当たるとダメージ。
2つ目の竜昌は空から火山弾が降り注ぎ当たるとダメージ。
3つ目は竜晶は熱風が吹き荒れ全体DoTダメージを与えます。

竜晶発生時に幾つか固定行動があり、1つ目の竜晶ではマップ下段⇒マップ上段(竜晶めがけて)に横断攻撃を行い大ダメージを受けます。
下段を横断しているのが見えたら竜晶から少し離れる・もしくはバリアスキルがあれば中で無効化しましょう。

2つ目の竜晶でも竜晶めがけてクロスするように横断攻撃を行います。
先ほどよりダメージは低いですが、吹き飛ばされるので同じように対処しましょう。

 

悪しき竜が最後の命を燃やそうとしている--のアナウンスと共に怒り状態になります。
この状態では正面からの攻撃は通りませんが、尻尾と背中にはコアが出現しています

このコアを殴って怒りゲージを削りきると、ダウンして倒すことが出来ます。
もし時間内にコアを削りきれなかった場合はマップ全体に即死の大ダメージ&吹き飛ばしが発生します。

バリアスキルの中でやり過ごすか、入り口まではダメージが届かないので退避しましょう。

moyashi1844

チャンス効力アビリティ等で上げていないと削りきるのは非常に難しいので出発する前から対処方法の意思統一をしておきましょう
凍結などで時間を延長することも可能です、ここの試行錯誤が楽しい所!

爆発後、体力が8割程度まで回復、一定時間悪しき竜が暴走モードになり徐々にHPが減少していきます。
胸の心臓部のみダメージが通るようになるのでそこを削りきればゲームエンドです!

 

 

IR120防具の強化素材

☆0⇒1 紅き造竜鱗×1

☆1⇒2 紅き造竜鱗×2 咆える炎塊×2

☆2⇒3 紅き造竜鱗×2 魔竜の顎とげ×1

☆3⇒4 紅き造竜鱗×4 魔竜の顎とげ×2

 

感想

石殴ってるだけじゃなくて大きな敵と戦えるしマグマに追われてワチャワチャしてて楽しい!

やっぱりアクションゲームなんだから大型の敵ときちんと戦いたいわけですよ!
武器がないから厳しいなって思う場面もあるけど非常に楽しい!(何回言うんだろう)

動画は初日のクランPT・・・5回目くらいの挑戦かな?
チャンス効力が必要だったり、火力が足りてなかったり。今後試せることがいっぱいあって楽しいかも!

またわかったことがあれば追記していくと思うので、色んな情報提供もお待ちしております~。

  にほんブログ村 ゲームブログへ

コメント

匿名可